恋愛脳科学のまとめ

シェアしちゃう?

1980年代まで、脳の機能に男女差はないと考えられていました。

というのも、脳のサンプルというのが戦死した男性のものばかりだったので、女性の脳というのは調べようがなかったのです。

しかし1990年代に入り、fMRIやPETという生きている人間の脳内が調べられる機器が登場したおかげで、現代では脳には様々な性差があることがわかっています。
ここではそれらを箇条書きにしてみます。

最新型のFMRI(ファンクショナルMRI)

【1】恋愛が最も発展しやすいのは秋

全ての生物は、最も安全に子供を産み落とせる時期に合わせて発情するようにできています。
ウグイスなどの鳥類は、夏に子供を産もうとするので、春に発情して鳴くワケです。
(ホーホケキョ♪)

ヒトの場合も気温が高く、食料が豊富な夏に子供産んだ方が有利です。
だから逆算して、秋に発情するワケです。
実際に、恋愛系のホルモンが最も活発になるのは秋だということがわかっています。

【2】女よりも男の方が24倍エッチ

「男と女はどっちがHか?」という議論はよくされますが、この答えは既に出ています。

早稲田大学の森川友義教授は、
「路上で道行く異性の魅力度を判定してもらう」
という調査を複数回にわたって行った結果、
「平均一目惚れ率は、女性が0.05%、男性が1.2%だった」
と報告しています。

単純に考えて、男は女よりもストライクゾーンが24倍広いということになります。
「一目惚れ=性対象」だと解釈すれば、 男の方が24倍エロイということになります。

【3】最も良い恋愛ができるのは「何も考えていない時」

脳科学者の茂木健一郎氏は、恋活・婚活中は、理想の恋人のイメージを抱いたり、条件付けなどをしてはならないと警告をならしています。
氏によれば、脳は何も考えていない時に最も視野が広くなり、冷静な判断ができるといいます。
これを「デフォルト・ネットワーク」といいます。

何か目的がある時は、それに集中してしまうので、全体像が見えなくなってしまうのです。
なるほど、
「結婚サイトで相手に多くの条件を出す人ほど婚期が遅くなる」
というデータも納得できます。

【4】最も一目惚れしやすい年齢は「14歳」

若い時ほど本能を司る大脳辺縁系が活発で、年齢を重ねるごとに理性を司る大脳新皮質が活発になることがわかっています。

前者ほど本能的な恋愛をする、つまり一目惚れしやすいのですが、様々な恋愛系のホルモンが後押しをして、これが最も活発になるのが14歳だといわれているのです。

つまり思春期のド真ん中は多感だということです。
ま、当たり前の話ですが(笑)

【5】「好き」に理由は存在しない

「好き・嫌い」という感情は原始的な脳である大脳辺縁系の扁桃体という部分で判断されています。
そして、あとからこれの理由付けを行っているのが、理性そのものである大脳新皮質です。

ようするに「好き・嫌い」という感情は、本人の意思とは無関係で、理性レベルで操作できるものではないということです。
「恋人のどこが好き?」と聞かれると誰でも、「う~ん」と考え込んでしまうのはそのためです。

【6】SEXの回数と「ときめき」は反比例する

脳というのは常に「ないものねだり」であるとされています。
だからどんなに熱烈に愛し合っているカップルでも時間が経てば冷めてくるし、どんなに欲しかったモノでも手に入れると違うモノが欲しくなったりするワケです。

「ときめき」も手に入っていないモノには抱き続けられますが、既に手に入れたモノに対しては抱き続けることができないのです。
アイドルに何十年もときめいていられるのは、そのアイドルとSEXしていないからです。

【7】1人の異性に「飽きない」人は存在していない

1人の異性との間に3人子供を作った人よりも、3人の異性との間に1人ずつ子供を作った人の子孫の方が繁栄する確率が高いです。
遺伝子がバラエティにとんでいる分、状況の変化に強いからです。

だから我々の脳には
「常によりよい異性を求めて行動しなさい」
というプログラムが組まれています。

浮気をしたことがないという人はたくさんいるでしょうが、それはチャンスがないだけで、潜在的な浮気というのは殆どの人がしているものです。
アイドルのコンサートに行くのも、潜在的な浮気といえるでしょう。

【8】記憶は脳だけでなく体の至る所に保存されている

脳は、記憶を「ニューロペプチド」とよばれる神経伝達物質に詰め込んで、体の至る所に放っているらしいということが、近年の脳科学でわかってきました。
ようするに記憶というのは、体のあちこちにファイルされているのです。

もしこれが本当ならば、
「心臓移植をされた人がドナーの記憶を引き継ぐ」
という話も辻褄が合いますし、
「恋人同士が似てくる」
というのも、キスによって記憶を交換し合っていると仮定すれば、納得がいきます。

【9】「手が冷たい人は心が温かい」は本当

女性ホルモンのエストロゲンが多い女ほど、肌を露出する傾向があることが知られています。
実際にこのホルモンの分泌量が最も多くなる19才の時に、スカートの丈も最も短くなります。

エストロゲンは、心を穏やかにし、人をやさしい気持ちにさせるホルモンでもあります。
肌を露出しているということはそれだけ体温も低くなるということで、手も冷たくなるということです。

反対に手が暖かい人は男性ホルモンが多いということですから、好戦的・非協調的といえるでしょう。

【10】女の共感能力は男の8倍

米 国立衛生研究所のマーク・ジョージ氏は、
「悲しい映像を見せた時の大脳辺縁系の血液量は女の方が8倍も多い」
という研究結果を発表しています。

これは、それだけその事実に対し、感情をゆり動かされていることを意味しています。
つまり女は男の8倍、相手に共感しているのです。
だからよく泣くし、長電話もするのです。

この傾向は児童期には既にあり、例えば男の子がすぐに弱そうな子を見つけてはイジめるのに対し、女の子はそれを、「かわいそうじゃ~ん」などと言ってかばいます。

【11】女は男の10倍以上、皮膚が敏感

「肌に刺激を与えた時のそれを感知する脳の部位の血液量は、 女は男の10倍に達する」
ということがわかっています。
つまり痛みや圧力、その他あらゆる触感に対して、女は敏感だということです。

たしかに、男は運動中にケガをしても気付かないことが多いですが、女ではそういうことはありえません。

口の中の感覚も同様で、男はウマイかマズイかだけですが、女は、「ぷるぷるしてて~」などとその食感を表現します。
新発売のお菓子のパッケージには必ず「新食感」の文字があります。

【12】性格・性的嗜好は生まれた時にほぼ決まっている

ノースウエスタン大学の心理学者 マイケル・ベイリー博士は、生まれながらにして離れ離れになった一卵性双生児を100組以上調べた結果、
「性格・物欲・社交性・運動神経・性行動などは遺伝でほぼ決まる」
と結論付けています。

性同一性障害にしても、本人の意思ではなく、先天的なものであるということが既にわかっているのです。
これらは、胎児期に作られる脳の配線でほぼ決定されてしまいます。

母親が妊娠6~8週間の間に、ストレス・病気・一部の薬物などによって胎児に十分なテストステロンを分泌させられなかった場合、生まれた子供は、ほぼゲイになる(男の子だった場合)ということもわかっています。
生まれか?育ちか?という議論は既に決着がついているのです。

【13】キスが心地よくなければ健康な子供は産まれない

キスをした瞬間、相手の唾液成分は、ただちに脳に送られます。
■健康状態は良好か?
■免疫系の相性はよいか?
■遺伝的な近親性はないか?
などの念入りなチェックが行われます。

そして問題なしとなれば、視床下部が快感物質のドーパミンを出すよう指令を下し、これがA-10神経を興奮させ、快感を覚えるという仕組みになっています。
この間わずか1秒。

反対に、上記の3つのうちに1つでも問題があれば、 脳はコルチゾールというストレスホルモンを発生させ、個体に不快感を与えます。
それはつまり、健康な子供が産まれてこないことを脳が教えているのです。

シェアしちゃう?