緊張しない方法

恋愛における緊張は自分の実力以上のものを出そうとすることが原因でおこることが多いようです。

つまり、
失敗したくない
自分のいいところだけを見せたい
という思いが、緊張を招いてしまうということです。

緊張にも色々な種類があると思いますが、こと恋愛に関していえば、これ以上でもこれ以下でもないのではないでしょうか。
どうでもいい人の前で緊張する人はいませんからね。
タンクトップを着たスレンダーな美女

人は無意識のうちに、目の前の異性を値踏みします。
そして緊張というのは、その相手の魅力レベルに比例して増大するという特徴を持っています。
なぜ比例するのかというと、その分、背伸びをしてしまうからです。

つまり、この背伸びをするという行為が、自分の実力以上のものを出そうとする行為なワケで、これが緊張の原因なワケです。
その証拠に、自分よりも魅力レベルが低い異性だと判断した場合、人は緊張しません。
そのような異性との繁殖行為を、遺伝子は歓迎しないからです。

男女4人のシルエット

医学書を紐解くと、緊張の直接の原因はアドレナリンの大量分泌によるものだと記してありますが、そのアドレナリンの分泌を促しているのがPEAというホルモンです。
(※詳しくは、なぜ、恋に落ちるのか?

PEAは恋の媚薬ともよばれていて、これが分泌されるとアドレナリンをはじめ、ドーパミンなどの快感ホルモンも次々と分泌され、人は恋に落ちたと錯覚します。

そしてPEAが分泌されないと、人は恋に落ちないということも数々の権威ある実験により報告されています。
ですが困ったことにこのPEAは、緊張している状態でないと、決して分泌してくれないのです。

つまり、緊張せずに恋を始められる人間というのは、この世にいない
ということになります。
そう考えると、緊張症・あがり症の克服法を考えるのは、少し無意味なことのように思えてきませんか?

集中しているということ

おそらく改善すべきは、どうしても緊張してしまうという体質ではなく、それが良くないことだと思っている考え方のほうです。

「アガると、本来の実力を出せない」
という思い込みこそが実力にフタをしているのです。
むしろ逆なのだということを今説明しましょう。

ヒトの遺伝子は、1万年前の狩猟採集時代から99%以上変わっていないということは何度も述べました。
そしてその時代で緊張する時というのは、殆どが狩猟の時でした。

だから、手に汗をかくのも、木の棒などをつかみやすくするための適応ですし、心拍数が上がるのも、獲物などをすぐに追えるように体が準備しているためなのです。

脳はフル回転し、五感は研ぎ澄まされ、筋肉も引き締まるので、
顔つきはりりしくなり、目や瞳孔さえも大きくなります。
つまり人は、集中するために緊張しているといえるのです。

その証拠に、あなたが何気なく街を歩いていて、ふと鏡に映った顔というのは、なんと気の抜けた顔でしょう。
顔のしまりがなく、まるで自分ではないようです。
でも、それが本来のあなたの顔なのです。

ところが、今から合コンに行くという時は、なんとりりしい顔をしているでしょう!!
まるで、獲物に狙いを定めた鷹のようです。

緊張することによって様々な恩恵を受けているのに、それを解き放って合コンに行きたいという人は、気の抜けた顔で女の子と話をしたいと言っているのと同じなのです。
デメリットばかりに目を向けてはいけません。

合コンに行く前のイメージ

それでも緊張したくないあなたへ

しかし、それでも緊張したくないと思っている人は多いでしょう。
確かに、極度のアガリは血管の収縮を引き起こしますからストレスの原因にもなりますし、女達が余裕のある立ち振る舞いを望んでいることも事実です。

医学的には緊張を和らげる効果的な方法は、深呼吸することしかないらしいですが、確実に一気にこれを和らげる方法といえば、自分の底辺(見られたくない部分や恥ずかしい部分)を見せる以外に方法はないと僕は思います。

例えばスピーチなどで、最初に大ミスしたりすればリラックスできるというあの原理です。

僕も緊張屋さんなので、合コンなどの時は登場してすぐに、
「今日、家からゴムつけてきたんだど、ヤレるかな?」
などと、わざと女の子にも聞こえるような大声で言ったりします。

すぐに友達に
「なんでつけてくんだよ!」
などとツッコまれて、失笑を買いますが、
「いや、初対面から生はマズイでしょ〜」
などと、たたみかけます。

男の最終目的はエッチで、それは女も分かっています。
ですが男は皆、必死でそれを隠そうとします。
その最も隠すべき部分をさらけ出してしまうという、いわゆる自虐的なブラックジョークです。

一見アホですが、この自虐というのは実はとても効果があるのです。
女は実力のある男性ほど、自分を下げて見せられるということを、
よく知っています。

自虐は、緊張を和らげると同時に、余裕という名のオーラを纏わせてくれるのです。

緊張していることを隠そうとすると、余計に緊張します。
「気合い入れすぎて、洗顔フォームで歯を磨いちゃった!」
「洋服選びに、5時間もかかっちゃった!」
などの「自虐」をして、緊張している自分をさらけだしてしまえばいいのです。
真面目ぶらないことです。
そもそも男が思っているほど、女は真面目な男を求めてはいません。

「リラックスしよう」と思ってはいけない

最後に1つだけ、絶対にしてはいけないことを。
それは「リラックスしよう」と自分に言い聞かせることです。
なぜならそれは、テンパっている自分を認めている思考だからです。

それならまだ「もっと、テンパろう」の方がマシです。
これならまだ、余裕があることになりますからね。

自分をよりよく見せようと「緊張しない方法」を探すことは、
あまり意味のないことだと僕は思います。
なぜなら、自分の実力以上のものなど、出せるハズがないのですから。

次へ→ 合コン必勝法


≫過去30日間の恋愛商材ランキングをチェックしてみる