合コン必勝法(合コンでやってはいけない事)

合コンでは、状況の変化とともにいくつもの分岐点があり、そこに選択肢が生まれます。

度々訪れるその分岐において、すべて正しい方を選択するということは、ほぼ不可能です。

多くの恋愛マニュアルは、その中から常に最良の1つを選べと言いいますが、むしろ大事なのは、最悪の選択が何かを知っておくことではないでしょうか?
ここではそれを僕なりの見解で紹介したいと思います。
微笑んでいる美女

【1】隣り合わせで座ってはいけない

女は、外敵から自分と子供の身を守るため、古来より「群れ」を作る習性を持っています。
群れにはたいてい長がいて、同性である女は、たやすくその中に入ることを許されますが、男はそうではありません。

群れを壊して無理矢理その中に入ることは、女の警戒モードをONにさせてしまうことを意味します。
わざわざそのような不利な状況からスタートする必要はありません。
必ず対面で座って、群れごと安心させた方がいいのです。

女性が群れを作っているイメージ

【2】聞き上手になってはいけない

僕は長年ホストをしてきましたが、聞き上手な売れっ子ホストというのは見たことがありません。

確かに人は、話を聞いてもらった相手に好感を持つという習性を持っていますが、それはあくまで好感であって、全てが恋愛感情には結びつかないということは、男性の皆さんであればよくご存知だとおもいます。

女によく恋愛相談などをされる男というのは、悪く言えば利用されてるだけなのです。
女というのは喋る事でストレスを発散できる生き物ですから、興味のない男というのは、そのようなストレス発散の格好の道具にされてしまうのです。

「恋愛相談に乗る男はその女に乗れない」
と言われるのはこのためです。
恋愛関係において、聞き役というのは劣位な人の役目である場合が殆どです。
そうなる前に喋ることによって、自分をアピールし、先手を打つべきです。

【3】1人の女だけを狙ってはいけない

ギブアンドテイクの理論 でも説明した通り、恋愛には市場と同じ原理が働いているワケですから、あなたを欲しいと思う人の数が多ければ多いほど、あなたの価値は上がります。

例えば、外見や性格がほぼ同じの一卵性双生児の双子であっても、
片方がモデル、もう片方が一般人という状況では、
前者の方が圧倒的にモテるということが現実に起こります。

一卵性双生児の2人

お目当ての子以外には嫌われてもいいと思っている人は、結局誰からも相手にされませんし、この先も一生モテることはありません。
これだけは断言できます。

自分の好きな人にだけ好かれたいという、ムシのいい理論は通用しないのです。
1人の女を落とすために全員を惚れさせるというのが、合コンにおけるモテる男の行動学です。

【4】「カワイイ」 と言ってはいけない

なぜ「カワイイ」を連発する男は、モテないのでしょうか?
それは「カワイイ」という言葉が、褒め言葉であると同時に
「可愛くなくなったら捨てる」
という意味も含んでいるからです。

女の美が時間的に有限なものである限り、これは普遍的な法則です。
合コンでの男のゴールは、その日のお持ち帰りにあることが多いですが、女は常にその先を見据えているということをお忘れなく。

【5】理想のタイプを語ってはいけない

例えば
「真面目な子がタイプかな…」
というのは、いかにも模範解答っぽいですが、これに対し、自分が当てはまっていると感じる女はおそらく1割もいません。
自分のことを真面目だと思っている人間など、殆どいないのです。

反対に人は、自分の悪い部分はよく理解しています。
誰でも「あなたのいい所は何ですか?」と聞かれてもすぐには答えられませんが、「悪い所は何ですか?」と聞かれれば、すぐにいくつも思い浮かぶのです。
「カワイイ子がタイプ」などは、もちろん論外です。

【6】期待しすぎてはいけない

セールスマンが申込書を持っていない時ほど、申し込みをする客が多いといいます。

これは精神論になりますが、期待という先入観は、感受性を鈍らせ、
依存心を膨らませることだけは確かです。
玉の輿を狙っている人ほど貧乏クジを引く理由がここにあります。

期待をしすぎていると、殆どの場合、ガッカリします。
女は、相手の感情の変化を読み取るのが大得意な生き物です。
自分を見て、ガッカリしている男を好きになる女などいるでしょうか?

【7】不健康な要素をのぞかせてはいけない

みなまで言いませんが、当サイトをこれまで読んでこられた方であれば、これはもう当たり前のことだと思うのではないでしょうか?

女は本能的に、安定した経済的資源を供給してくれそうな男に惹かれる生き物ですから、不健康な要素を覗かせることは、百害あって一理もありません。

【病気・老い・疲労感】 この3つは三大ダメ要素です。
男性の入院患者が看護婦を落とせない理由がここにあります。

合コン会場で、さわやかに、
「いや〜疲れた〜」
ぐらいならいいと思いますが、
「腰が痛くて…」
「3時間しか寝てなくて…」
「物忘れが激しくて…」
といった、健康から遠ざかっていることを想起させる発言をして、
得なことは1つもありません。

【8】準備をしすぎてはいけない

「準備」というのは、すればするほど心の余裕を奪っていきます。
脳が、それほどの一大事だと認識するからです。

女は、精一杯頑張っている男を評価してはくれません。
心に余裕がない人を見ていると、とても疲れるからです。
最初からストレスを与える男は、恋人候補には挙がりません。

【9】一番オシャレな服を着てはいけない

ファッションの達人は、わざとダサいアイテムを一個身に付けるといいます。
これを専門用語で「ハズす」といいますが、つまりは、
「手を抜いてるんだよ」ということをアピールしているワケです。

なぜ「ハズす」のかというと、カッコつけていることが分かると、
カッコ悪いからです。
合コンでは、あえて一番オシャレな服を着ていかないことによって、
精神的な余裕を手に入れることができます。

服装と精神状態というのは密接に関係していますから、滅多に着ないオシャレな一張羅などを着れば、普段の自分が出せなくなります。

次へ→ 初デート攻略法


≫過去30日間の恋愛商材ランキングをチェックしてみる