モテる男の顔とは 〜視覚編〜

”視覚” つまり見た目は、五感のうちで最も最初に相手の情報として飛び込んでくるものになります。
だから大事だといわれます。
その中でも、顔は特に一番最初に目がいきます。


顔を見れば、相手の年齢や健康状態はある程度分かりますし「自分にどの程度の好意を持っているか?」なども、笑顔の多さなどで知ることができます。
スペインの美女

よく、女は男ほど顔の美しさを気にしないと言われますが、これは狩猟採集時代、男の顔はヒゲで覆われていて、殆ど目のまわりだけしか見えていなかったことが原因だといわれています。
しかも当時は洗顔フォームなどありませんから、その目のまわりですらも、常に泥だらけであったことは安易に推測できます。

一万年前の男性のイメージ

我々の遺伝子は、1万年前から殆ど変わっていないワケですから、当時から唯一完全に露出されていた「目」というパーツが現在でも最も重要視されることが理解できます。
とはいえ、目だけではその男の内面までは判断できません。では女は、男の目に何を見ているのかというと、主に自分に対する好意量、つまり ”やさしさ” だと考えられています。

人は、@相手の目そのものの大きさ A瞳孔の大きさ で自分に対する好意の量を判断します。
興味のあるものに対しては、この2つは大きくなるからです。
しかも瞳孔に関しては、自分の意思では調節することができません。
このことから、目も瞳孔も大きく見える二重(ふたえ)まぶたの男性の方がモテることが説明できます。

一重(ひとえ)の人はどうなる?

反対に一重の人は、ワイルドな印象を与えることができるのですが、同時に粗暴な印象も与えてしまうため、恋愛関係を築くまでに多少時間がかかるという傾向があります。

とはいえ「一重まぶたの人の方がいい」という女も存在しています。
こう断言できる理由は、全ての女が二重好きであれば、一重まぶたを作る遺伝子はとっくの昔に淘汰され、一重まぶたの男性自体がこの世からいなくなっているハズだからです。

やさしそうに見える二重まぶたがモテることは確かですが、常にやさしい感じの男性は、敬遠される傾向もあります。
なぜなら、誰にでもやさしいということは多感なこと、つまり浮気性の証だからです。
なので普段は険しい目をしているが、自分と話す時だけやさしい目になるというのが、最もモテる目のようです。

男顔と女顔、どちらがモテる?

次に顔全体ですが、昔から男らしいゴツイ顔がいいとか、フェニミンな女顔がいいとか色んなことが言われてますが、実際のところはどうなんでしょうか?

英ブリストル大学の研究チームは、CGを用いて様々な角度から男の顔を検証した結果
「女性は、40%女顔の男性を最も好む傾向がある」
と報告しています。

つまり平均的な男顔よりも、ちょっと女性よりな顔が現代では一番モテルという結果が出たのです。
日本人女性が被験者になった例もあるのですが、日本人の場合はこの傾向が特に顕著に表れたということです。
もちろん好みの差はあるでしょうが、平均するとそうようそうです。

ここで両性の顔の定義を説明しておくと、男顔とは顔の形が正方形に近いほどに骨格がしっかりとしていて、あごが大きく、唇が薄く、鼻が大きく、エラや眉毛の上が隆起しているという顔。
そして女顔とは、顔が小さく卵型で、目が大きく、鼻は小さくほっそりとしていて、口が大きく、唇が厚く、あごがするどく尖っているという顔です。

40%の女顔と40%の男顔

上の写真はどちらもCG合成で、左が平均的な男顔よりも40%女顔にしたという理想の顔。
そして右が逆に平均よりも40%男顔にしたものです。

右の男性は確かにたくましい印象を受けますが、ちょっと怖そうです。
反対に理想とされる左の男性は、とてもやさしい印象を受けます。
男でも「どちらと友達になりたいか?」 と聞かれたら、おそらく殆どの人は「左の人」と答えるのではないでしょうか。
確かに最近のジャニーズの若い子たちも、みな女顔です。
このCGもよく見ると、目自体の大きさも、左の男性の方が大きいのがお分かりいただけるでしょうか?

おそらく、昭和初期ぐらいであれば、右側の男性を選ぶ女性の方が多かったでしょう。
食料事情が乏しい国々では、現在でも”たくましい”というだけでモテます。
しかし国が豊かになり、食料の心配をする必要がなくなったこの現代日本では、強くあることよりもむしろ、やさしく家庭的であることの方が重要視されるようです。

シンメトリー顔はやはりモテる

最後に顔のパーツのバランスの話をしておきましょう。
これは既にシンメトリー(左右対称)であればあるほどモテるということが多くの研究によって明らかになっています。

人や猿などの高等霊長類は、同種の顔を見る時だけ、1ミリほどのバランスの違いでも「美しい・美しくない」ということを感じられるようにできています。

その証拠に我々は、猿の顔を「カッコいい、カッコ悪い」と感じることができません。
しかし、彼らの中では圧倒的にモテる猿と、モテない猿というのがハッキリと分かれているのです。

逆に猿から我々人間を見れば、おそらく木村拓也とあなたの区別がつかないハズです。
これは生物が、仲間を見分けるため、そしてより優秀な異性を獲得するために、その視覚を進化させてきたからです。

では、なぜシンメトリーな顔がモテるのか? ということですが、これはシンメトリーが、優良遺伝子の持ち主であることを証明しているからです。

優良遺伝子とは一言でいうと「健康な人」ということです。
人は、胎児期から第二次性徴期までの間に、十分な栄養をとり、かつストレスなく育つとシンメトリーに限りなく近い顔になります。
逆にこの時期に栄養不足だったり、寄生虫病などになったり、ストレスのたまる生活を送っていると、顔が歪みます。
男の場合でいうと、現在わかっているだけでも以下があります。


  symmetry-men
  • 免疫力が高い
  • 体脂肪率が低い
  • 体格がよい
  • 精子の質がよい
  • 長生きする
  • 前向きな性格であるetc…

シンメトリー顔 = 生殖能力が高い

百聞は一見にしかずといいます。
以下の写真は、左側が実在する人の顔写真で、右がそれをCG合成してシンメトリー顔(左右対称)にしたものです。
上下とも、どう見ても右側の人の方が魅力的です。
そして何より、健康そうです。

実在する男性とCGで修整後
実在する女性とCGで修整後

シンメトリー顔は、心身共に健康で、生殖能力も高いという印象を相手に与えます。
生殖能力が高いとは、妊娠させる、又は妊娠する能力が高いという意味で、それだけ子孫を残せる可能性が高いということです。

さらに最近の調査では、実際にシンメトリーな人ほど、初体験も早く、恋人の数も多く、結婚する年齢も早く、子供の数も多いということが明らかになっています。

さてこんな話を聞くと、あなたも自分の顔がシンメトリーかどうかを確かめたくなるのではないでしょうか?
では鏡に映ったあなたと、写真のあなたを見比べてみてください。

殆ど違和感を感じないという人は、かなりシンメトリーに近いです。
逆に、強く違和感を感じるという人や、写真写りが悪いといつも感じているという人は、顔が歪んでいる可能性が高いです。
片方の手ばかりを使っている、片方の手ばかりで頬杖をついている、などのクセがあるならば、治した方がいいでしょう。

とはいえ、完全なシンメトリー顔という人は存在していないので、誰もが多少の違和感は感じると思います。

余談ですが、恋愛本などでは「自分と似た顔の異性に惹かれる」としているものがありますが、それは間違いです。
確かに人は、同類選択といって、自分と人種、言語、宗教、生活環境、居住地域、趣味、倫理観などが似ている異性に惹かれる傾向がありますが、顔だけは近親交配を避けるため、自分とまったく似ていない異性にしかときめかないように遺伝子にプログラムされています。

次へ→ モテる男の体型とは


≫過去30日間の恋愛商材ランキングをチェックしてみる