【触覚編】モテる男のSEXとは

シェアしちゃう?

五感の最後を締めくくるのは、究極の接触であるSEXについてです。様々な感覚を駆使して選んだ相手に対しての最終確認であるといえます。

SEXは男にとっては恋愛の終着点であるのに対し、女にとっては出発点という大きな違いこそあれ、その後の2人を引きつけるだけの快感をもたらすものであることも事実です。
しかし同時に、男女の立場が逆転する瞬間でもあるので、プライドの高い女ほど、頑なにこれを守ろうとする傾向があります。

さて、女を自分に引きつけておくためには、オーガズムに到達させてあげるという手段は、単純ですがかなり有効だということは、男性のみなさんであればご存知だとおもいます。
オーガズムは、イク、アクメ、エクスタシーなどともよばれますが、意味合い的にはどれも”性的絶頂”ということなので同じです。

女が、自分をオーガズムに到達させてくれる男に強く惹かれるのは、オーガズム時に脳内で「オキシトシン」というホルモンが大量に分泌されるためだといわれています。

オキシトシンは別名「愛と信頼のホルモン」といわれ、これを分泌させてくれた相手に対し「ずっと一緒にいたい」「離れたくない」という感情を芽生えさせるということが分かっています。

しかも、オキシトシンは永続性のあるホルモンと言われていて、一度これを分泌させてくれた相手に対しては、一生涯愛情を注ぐともいわれています。どんな相手でもです。

オキシトシン=愛情製造ホルモン

オキシトシンは「子宮内ホルモン」ともよばれ、分娩の時にも大量に分泌されます。
このホルモンがあるからこそ、自分の子供に莫大な愛情を注ぐようになるのです。

無痛分娩や帝王切開の場合は、このホルモンの分泌が極端に減るので、子供に愛情を感じにくくなるといわれています。
それによって夫婦仲も悪くなり、離婚率も高くなるというデータもあるほどです。

とはいっても、女のオーガズムというのは謎に包まれています。
男は射精という目に見える形であるのに対し、女のそれは女自身もよく分かっていないほどに神秘的なものです。
なにせ毎回感じる人もいれば、一生の内に一度も感じない人もいるのです。

一生に一度もオーガズムを感じない女性が40%もいるというデータもあります。
ここでは、モテる男のSEXということなので、女がオーガズムに到達しやすい条件というのをあげてみることにします。
これは3つあります。

1つめは「安心感」

初回のSEXからオーガズムを感じる女というのは、まずいません。
いると思っている人は、AVの見すぎです。
男にとって、初めてのSEXは狩りの成功であり、喜ぶべきものですが、女は試食される側ですから「マズかったらどうしよう?」という不安感の方が大きいからです。

また、
「きちんとした避妊をしてくれるのか? 」
「1回こっきりで捨てられないか?」
という心配も手伝います。
同棲したり、結婚した瞬間にオーガズムを感じたという例も多いことから、女は「安心」するとオーガズムに達しやすくなることが分かります。

公園や車の中など、誰かに見られるかもしれないという状況で、それが逆に興奮するという女は極まれで、普通は「安心」しないと到達しにくいといえます。
つまり、SEXする前の「お前だけだよ」という優しいセリフなどがオーガズムへの大きな一歩といえるのです。

2つめは「長さ」

オーガズムまでの平均到達時間は、男が2分半、女は13分です。
つまり単純に「長く」SEXをするということも大事なワケです。

なぜ女の方が長いのかというと、女はオーガズムに達すると、膣へのゲートが閉じられて妊娠しなくなるため、男よりもその時間が長く設定されているのです。

必然的に、「この人の子供を産みたい」という思いが強ければ強いほど、この時間はさらに長くなります。
男も、他の男の精子を膣内から掻き出すために、なるべく多くのピストン運動をしようとしますが、女にも似たような本能があるというワケです。

従って、女側に強い結婚願望があったり、前戯も含めた行為そのものの時間が短かったりすると、オーガズムに到達するのは難しくなります。

とはいえ我々は、射精を我慢できない身体構造になっています。
なるべく長くしたいと思う美女であるほど、射精筋の収縮はより大きくなるので、早くイってしまいます。
そのような美女を相手にする場合や、どうにもこうにも早いという人は、前戯と後戯の時間を長くするしか方法はありません。

脳科学的にいうとオ-ガズムは、脳内にある快感をためるコップのようなものに快感が蓄積されて溢れ出すと起こる現象です。
だから少しずつでもいいので、長い時間をかけてそのコップに快感を注ぐという行為が大事なのです。
スローセックスとはまさにそういうことです。

コップに水を注ぐ、快感が蓄積されるイメージ

3つめは「集中力」

実はコレが一番大事です。
男もそうですが、美人とのSEXの時ほど他の事を考えたりできません。
反対にどうでもいい時は、色んな妄想をしてしまいます。
このことから「相手の魅力度と集中力は比例する」ということがわかります。
女が「部屋を暗くして」と言うのも、なるべく集中力を高めて、強い快感を得ようとしているためだと理解できます。

集中力には、PEA(参照:なぜ恋に落ちるのか?) というホルモンが深~く関係しています。
PEAは集中力を高め、快感を倍増させます。
しかしPEAは、ときめいていない相手には分泌されないので、あまり好きではない男とのセックスでは、オーガズムに達しにくいといえます。

反面、テクニックなどなくとも、激しくときめいている相手であれば、女はいとも簡単にオーガズムに達してしまいます。
キスしただけで達したり、アイドルのコンサート会場で達したりしてしまうのは、そういった事情が関係しているのです。

それもそのハズ、そもそも人間の体には性感帯などというものは存在していないのです。

仮に女の体にそのような誰が触っても気持ちいいと感じる部位があったとすれば、痴漢で捕まったりするような男がいるハズがありません。
そう考えると、性感帯というのは、本人が学習によりそう思い込んでいるだけのものだということがわかります。
つまり、自分が好意を持つ男に触ってもらったりすることを脳が快感だと認識するようなシステムになっているということです。

大脳生理学的にいえば、快感を得たいと思っている時しか快感は得られないのです。
射精産業に従事しているプロのお姉さんが、「客に何をされても感じない」と言っているのも理解できます。

こうなった大きな理由は、男性から確実に投資を受けるためです。
性感帯のようないわば「弱点」が知られてしまえば、男は皆そこを狙い撃ちしますから、それで満足させられるのであれば、誰も頑張って投資をしたり、やさしくしようとは思わなくなってしまいます。

自分の発情期を隠し、排卵日や生理日も外見からは分からなくさせ、性感帯やオーガズムを神秘的ものにすることによって、男をサボらせないようにし、24時間365日投資を受けられるような体になっているのです。
本当に関心するほどよくできています(笑)

外見からは排卵日や生理日がわからないようになっている

まとめると、セックスにおいて、テクニックというのは一般に思われているほどには重要ではなく、テクニックがあるから好きだと感じるのではなく、好きだからテクニックがあると感じるということなのです。

「私の彼はSEXがヘタ」などと言っている女がいたら、それは間違いなく愛情が冷めている証拠であり、奪えるチャンスが大いにあるといえます。

シェアしちゃう?