恐怖の恋愛用語集

結婚適齢期とは

■意味:「女性16〜19才、男性22〜25才」のこと

結婚というのは「自分を買ってもらう」ということですから、できるだけ自分の商品価値が高い時にした方が有利です。
年寄りになってからでは、誰も買ってはくれませんからね。

つまり、異性から見て最も「魅力的!」と思える年齢こそが自分の最高値であり、そこが結婚適齢期ということになります。

上記の年齢に異論を唱える人もいるでしょうが、世界的に見れば標準です。
日本でも江戸時代くらいまでは、女性というのは初潮(はじめての生理)がきたらすぐにお嫁に行っていました。
つまり12〜13才です。

よく、女子中学生や女子高生に夢中になっているオジサンを「ロリコン」 などと非難している人がいますが、彼等こそごく普通の感覚の持ち主なのです。

上記の「女性16〜19歳・男性22〜25」という年齢はいずれも性ホルモン(男性はテストステロン、女性はエストロゲン)が最も活発に分泌される時期で、女性は最も妊娠能力が高い時期であり、 男性は最も運動能力が高い時期になります。



≫過去30日間の恋愛商材ランキングをチェックしてみる